妊婦さん必見!葉酸と赤ちゃんのダウン症予防効果について

なぜ妊娠を希望する方や妊娠中の妊婦さんに葉酸は良いと言われるのでしょうか。それには理由があります。

葉酸に含まれる栄養素には、精子の染色体異常を抑える働きや子宮内壁を強化して卵子を精子が着床しやすい環境に整えてくれる働きがあるからです。

ただ葉酸は、水溶性ビタミンの一種なので水に非常に溶けやすい性質があります。このために普通に葉酸を摂取しようとすると、半分以上の栄養素が失われてしまうため難しいのです。

最近ではこうした葉酸の弱点を補うためにサプリメントや葉酸ドリンクとして販売されている商品が多数あります。これなら、普通に葉酸を摂るよりも効率的に摂取することが出来ます。

葉酸を摂るとダウン症の率が減るって本当?

妊娠中の妊婦さんなら誰でも一度は心配になるダウン症の可能性があります。もしも我が子がダウン症になってしまったら…?そんな心配をしている方も少なくないと思います。ここでは葉酸とダウン症の関係について見ていきたいと思います。

まずダウン症が起こる原因として考えられるのが、精子や卵子が出来る時の分裂に異常が起こることで胎児の染色体に異常がみられダウン症という症状が表れてくるのです。この減少を防ぐために葉酸に含まれる栄養素を摂ることで防ごうというものです。

葉酸は出来れば妊娠前から出産後も摂った方が良いです。妊娠前は妊娠しやすい体をつくるために、そして妊娠中は赤ちゃんの元気な体をつくるために、出産後はママの体と母乳がよく出るようにできれば産後も飲み続けることをおすすめします。

葉酸とダウン症の効果まとめ

元気な赤ちゃんを無事に出産できるように妊娠前、妊娠中から葉酸を摂取しながら健康な体作りを目指しましょう。もしまだ妊娠していない方は、ママだけでなくパパも一緒に摂ることで妊娠する可能性もあがるので是非一緒に飲んでみて下さいね。

葉酸と赤ちゃんの関係、葉酸が身体に与えてくれる効果も是非参考にしながら飲んでみて下さいね。